大人ニキビはホルモンバランスの影響によるところが大きい

成人後もニキビに悩む人が増えている

昔からニキビは「青春のシンボル」といわれてきました。

ニキビは大人になれば、自然に治ると思われていたからです。

ところが最近は20歳を過ぎてもニキビに悩む人が増えています。

若い頃にニキどがなくても、成人してからニキビができ始め、なかなか治らないケースも少なくありません。

大人のニキビは若い頃のニキビとは要因が異なり、治りにくいのが特徴です。

「ニキビ」と「吹き出物」は一般的な呼び方が違うだけで、医学的には同じ「尋常性ざ瘡」というものです

ニキビとは毛穴が詰まり炎症を起こした状態

30~40代になってもニキビはできますが、徐々に皮脂の分泌が落ち、できにくくなります。

とはいえ、できてしまったニキビは一刻も早く治したいものです。

ニキビとは基本的に、毛穴に皮脂が詰まり、そこで炎症を起こしている状態です。

正常な肌なら、毛穴の奥にある皮脂腺から皮脂が分泌されても、毛穴の出口が開いているので皮脂が詰まることはありません。

ところが、毛穴の出口の角質が厚くなり、肌の皮脂分泌が増えると、毛穴に皮脂がたまって塊となり、毛穴をふさぎます。

そこでアクネ菌(ニキビ菌)が炎症を起こします。

さらに炎症が悪化すると、毛穴が押し広がり化膿して、跡が残りやすくなります。

ニキビは、事前の予防と早めに対処することが肝心です。

大人のニキビはホルモンバランスが影響

大人のニキビは、主にホルモンバランスの乱れが大きく影響し、その原因は睡眠不足やストレス、食事などです。

睡眠不足は肌の免疫力の低下をまねき、ニキビが大きく、腫れやすくなります。

また、ストレスがたまると、脳の視床下部から副腎皮質ホルモンを出す指令が出ます。

このときに男性ホルモンもいっしょに分泌されます。

すると皮脂腺が刺激されて、皮脂が多く分泌され、毛穴が詰まりやすくなります。

また女性が生理前にニキビができやすいのは、女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が多くなり、皮脂分泌が活発になるためです。

生理前のニキビは体のリズムによるものです。

自然に治るまで悪化させないよう気をつけましょう。

さらに、髪が顔にかかっていたり、枕や布団の顔に触れる部分が汚れていると、ニキビの原因になるので気をつけて。