毛穴を目立たなくするためのケアには美白も有効!

大きく見える毛穴の原因は肌の「乾燥」と「たるみ」

毛穴の開きも、美しい肌のジャマとなる存在です。

大きく見える毛穴は、肌のなめらかさを阻害します。

毛穴が開く原因は、肌の「乾燥」や、皮膚のたるみから生じる「毛穴のたるみ」によります。

外気の乾燥する季節は、毛穴は縮こまって目立たなくなるようなイメージですが、実際は逆の現象が起きるのです。

乾燥によって肌は引っ張られ、結果的に毛穴が開きやすくなり、さらに肌が水分不足になることで、弾力が奪われます。

毛穴を目立たなくするためにも保湿は重要なのです。

変形した毛穴が「ほうれい線」をまねく

肌の弾力は加齢によっても奪われます。

弾力にとぼしい毛穴は重力に逆らえなくなり、長細く変形して下に引っ張られて開いた状態になります。

こうした状態は頬によく見られ、たるんだ毛穴がつながり、小ジワのように見えることがあります。

さらに、それがほうれい線となるケースもあるのです。

こうしたたいへんな事態にならないためにも、保湿ケアとたるみ予防は大切です。

近年、生活習慣の改善で「毛穴開き」に歯止めを

毛穴の開きを改善するには、生活習慣の見直しも大切です。

とくにタバコを吸う人は、美肌効果の高いビタミンCを摂取しても喫煙で破壊され、ニコチンによって血管が萎縮して血行不良が起こるので新陳代謝が滞り、肌細胞の生成が妨げられています。

その結果、肌の弾力が奪われて、毛穴が開いてしまうのです。

禁煙すれば、毛穴や肌に悪い状況に歯止めがかかり、美肌を取り戻す環境が整います。

毛穴まわりの「美自」がとても効果的

毛穴やその周囲の「美白」ケアも、毛穴の存在を目立たなくするために大きな効果があります。

黒ずんだ毛穴は、毛穴のくぼみやその周囲に、色素沈着を起こしているケースが多いためです。

クレーターのような毛穴周囲のくぼみは、毛穴がますます深くあいているように見せてしまいます。

毛穴まわりも美白して黒ずみを薄くすると、毛穴自体の大きさが変わらなくても存在感がかなり薄らぎます。

きちんと機能しながら目立たない毛穴を目指す

そのほか、収れん化粧水を使ったお手入れやパックによる水分補給で、毛穴を目立たなくしていく方法があります。

健康的な毛穴を保つ食事は、皮脂分泌を活発にしがちな油っこい食事や甘いものを控えめにするなど、基本的に指性肌の人と同様です。

毛穴は、簡単に開いたり閉じたりするものではありません。

毛穴に正しく機能してもらいながら、目立たないようにケアしていくことが大切です。

イビサクリームの口コミ

なぜ毛穴は開きニキビはできるのか?

毛穴から排出される「肌を守るうるおい成分」

毛穴の数は生まれながらに決まっています。

遺伝や環境などの影響がありますが、その数はおおよそ肌1平方センチメートルに20個以上はあるといわれています。

毛穴とは皮膚のくぼみで、医学的には「毛包」と呼ばれます。

毛の出入口であり、皮脂を排出する大切な役割を担っています。

毛穴の出口付近にある皮脂腺から皮脂が分泌され、毛を伝わって外に排出されます。

肌に排出された皮脂は、皮脂膜をつくって、乾燥から肌を守るうるおい成分となります。

皮脂腺の発達は体の部位によって異なり、もっとも多いところが頭、次に額や鼻のまわりとなります。

皮脂腺は毛包、つまり毛穴のない手のひらや足の裏にはありません。

男性ホルモンの過剰分泌が毛穴トラブルをまねく

毛穴そのものを小さくしたり減らしたいと思う人がいるかもしれませんが、根本から変えることは困難です。

ただし、男性ホルモンの過剰分泌をまねくストレスを抑えたり、スキンケアによって毛穴をきれいに目立たなくすることはできます。

毛穴の大きさや皮脂の分泌量は、男性ホルモンが大きくかかわっています。

男性ホルモンには皮脂分泌や体毛の発育を促す働きがあります。

男性ホルモンが増えると、皮脂腺の働きが活発になり、毛穴も目立ちやすくなります。

毛穴に皮脂やはがれた角質が詰まるのが原因

毛穴のトラブルの原因の多くは毛穴の「詰まり」と「開き」にあります。

とくに、毛穴の黒ずみは多くの人が悩んでいるトラブルでしょう。

黒ずみは、古くなった角質や余分な皮脂が排出されずに酸化することで生まれます。

皮脂腺から分泌された皮脂や周囲の角質が毛穴の中で固まり、詰まります。

これを「角栓」といいます。

毎日正しいクレンジングや洗顔を行うと目立った黒ずみや角栓は生まれないのですが、いつの間にか毛穴に汚れが詰まり、悪化することがあります。

適したケアで毛穴が目立たなくなる

毛穴の黒ずみは、ピーリング剤や、たんぱく質分解酵素で余分な角質を取り除く酵素洗顔、スクラブ剤などを使い、毛穴の奥の汚れと厚くなった角質を取り除いてケアします。

その結果、肌本来の弾力がよみがえり、適切な皮脂の分泌と排出が行われ、毛穴は目立たなくなってきます。

毛穴の黒ずみを取ろうと、力を入れてゴシゴシ洗う人がいますが、色素沈着やシワの原因となるので絶対に止めてください。

脂っぽい毛穴に困っているときも、肌を押して脂を出そうとする行為は厳禁です。

押せば押すほど皮脂がどんどん出るので、際限なく、症状を悪化させます。

毛穴ケアは清潔を保ちながら、やさしく行ってください。

女性のニキビは生理周期によって大きくケア方法が変わる

ピーリングを上手に活用する

市販のピーリンク剤は、だれもが安全に使えるように、皮膚科などの医師が治療に使うものより濃度が薄くなっています。

本格的なケミカルピーリングを行いたい場合は、皮膚科を受診して相談しましょう。

施術メニューとして用意しているところも増えています。

近頃は、さまざまなピーリング剤が出ていますが、市販品の中で初心者におすすめなのは手ごろな石けんタイプです。

取れた角質といっしょに肌についたピーリング剤も簡単に洗い流せるため、比較的刺激が少ないといえます。

一方、ふき取りタイプは、肌を強くこする可能性もあるので、肌荒れの原因となり、すでにニキビができている場合、あまりおすすめできません。

月経2週間前からの黄体期はニキビに注意

女性の場合、ニキビは月経周期にも大きく影響します。

女性の月経周期は、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つに分かれます。

この中で、ニキビができやすいのは、黄体期(月経前の2週間)です。

ちょうどPMS(月経前症候群)の時期とも重なるので、イライラしてしまう人も多く、その結果、ニキビができることもあります。

この時期は皮脂の分泌を増加させる黄体ホルモンの分泌が高まり、毛穴が詰まりやすくなります。

月経期に入ると、黄体ホルモンの分泌が減少して、ニキビが改善することがあります。

しかし、同時に皮脂の分泌が減少するので、肌が乾燥して荒れやすくなります。

黄体期と月経期は肌がデリケートなので、基本的な洗顔と保湿をしっかり行う「守りのケア」をして、毛穴を詰まらせないようにしましょう。

メイクは刺激の少ないパウダーファンデーションなどが適しています。

食事は脂肪分少なめの和食がおすすめです。

入浴で心身の緊張をほぐして、睡眠時間をたっぷり取りましょう。

卵胞期・排卵期は攻めのニキビケアを

月経が終わって、卵胞ホルモンの分泌が増える卵胞期(月経が始まって6日~12日)に入ると、肌の調子も体調もよくなります。

そして排卵期(月経が始まって13日~15日)になると卵胞ホルモンの分泌はピークに達し、肌も絶好調になり、「攻めのケア」が可能です。

肌の様子がよいなら、ピーリンクやビタミンC誘導体を含む化粧品などにも挑戦してみましょう。

ニキビの赤みが数年残ることも

ニキビが進行して炎症が起こり赤くなった場合、ニキビが治っても赤みは残ることがあります。

これは一生残るわけではなく、通常は2~3年で消えていきます。

早く赤みを取るには、ビタミンC誘導体配合の基礎化粧品がおすすめです。

一方、ニキビ後の赤みが炎症性色素沈着となって残るケースもあります。

これも数年でほとんど消えますが、まれに日焼けをすると残る場合があります。

こうした場合、美白化粧品を使うとともに、角質ケアも効果があります。

ニキビは決してつぶさないこと

ニキビをつぶすと一時的に目立たなくなるケースがありますが、雑菌が傷口に入り込み、さらにニキビを悪化させるという悪循環におちいります。

絶対にニキビはつぶさないでください。

ニキビが化膿するなど強い炎症が起きると、デコボコとしたクレーター状態になることがあります。

こうした陥没を元の滑らかな状態に戻すことはむずかしくなります。

ニキビがひどくなった場合はすぐに皮膚科医に相談しましょう。

ニキビができた時の洗顔の注意点

一日に何度も洗顔すると逆にニキビを呼び起こす

ニキビの予防は、「清潔に保つ」「角質を厚くしない(角質ケア)」「アクネ薗を寄せつけない(皮脂コントロール)」という3点が重要です。

第一に、肌を清潔に保つことです。

ただし、洗顔は1日に何度も行う必要はなく、朝晩の2回で十分です。

皮膚表面や毛穴に汚れが残っているとニキビの原因になりますが、洗いすぎて皮脂を落としすぎてもよくありません。

肌が乾燥して角質が厚くなってしまいます。

その結果、毛穴が詰まってニキビの原因になります。

ニキビに気を配った朝晩の洗顔

同じように二キビができた場合も、朝の洗顔は肌質によって変える必要があります。

脂性肌の人は洗顔料を泡立てて、泡で包み込むように洗いましょう。

ゴシゴシ洗うと肌やニキビの場所が傷つくのでNGです。

そのほかの肌質の人は、洗顔料は使わず30℃程度のぬるま湯でやさしく洗顔するのが基本です。

脂っぽい部位がある場合は、そこだけ洗顔料を泡立ててやさしく洗ってください。

夜の洗顔は、メイクの有無によっても変わります。

お化粧をした日はファンデーションが残っているとニキビの原因になりやすいので、クレンジングをして、その後、洗顔をします。

ノーメイクなら、石けんで洗うだけで十分です。

洗顔後は清潔なタオルで肌をそっとおさえるようにして水分を取ります。

適切な角質ケアでニキビを遠ざける

「ニキビは季節の変わり目にできやすい」というタイプの人がいます。

それは、角質の厚さが大きく影響しています。

夏が近づくと肌の角質が厚くなり、ニキビができやすい状態になります。

逆に冬が近くなると角質が薄くなり、肌に乱れが生じて、やはりニキビができやすい状態になります。

角質が厚くなってきたときは、ニキビの炎症が治まっているときを見計らって、ピーリングを行いましょう。

ピーリングとは、酸を利用して古くなった皮膚の角質を除去し、肌の再生を促すものです。

新陳代謝を活性化させて、肌のターンオーバーを正常に戻す働きがあります。

また、毛穴に皮脂や角栓が詰まるのを防ぐので、ニキビ対策に適しているのです。

大人ニキビはホルモンバランスの影響によるところが大きい

成人後もニキビに悩む人が増えている

昔からニキビは「青春のシンボル」といわれてきました。

ニキビは大人になれば、自然に治ると思われていたからです。

ところが最近は20歳を過ぎてもニキビに悩む人が増えています。

若い頃にニキどがなくても、成人してからニキビができ始め、なかなか治らないケースも少なくありません。

大人のニキビは若い頃のニキビとは要因が異なり、治りにくいのが特徴です。

「ニキビ」と「吹き出物」は一般的な呼び方が違うだけで、医学的には同じ「尋常性ざ瘡」というものです

ニキビとは毛穴が詰まり炎症を起こした状態

30~40代になってもニキビはできますが、徐々に皮脂の分泌が落ち、できにくくなります。

とはいえ、できてしまったニキビは一刻も早く治したいものです。

ニキビとは基本的に、毛穴に皮脂が詰まり、そこで炎症を起こしている状態です。

正常な肌なら、毛穴の奥にある皮脂腺から皮脂が分泌されても、毛穴の出口が開いているので皮脂が詰まることはありません。

ところが、毛穴の出口の角質が厚くなり、肌の皮脂分泌が増えると、毛穴に皮脂がたまって塊となり、毛穴をふさぎます。

そこでアクネ菌(ニキビ菌)が炎症を起こします。

さらに炎症が悪化すると、毛穴が押し広がり化膿して、跡が残りやすくなります。

ニキビは、事前の予防と早めに対処することが肝心です。

大人のニキビはホルモンバランスが影響

大人のニキビは、主にホルモンバランスの乱れが大きく影響し、その原因は睡眠不足やストレス、食事などです。

睡眠不足は肌の免疫力の低下をまねき、ニキビが大きく、腫れやすくなります。

また、ストレスがたまると、脳の視床下部から副腎皮質ホルモンを出す指令が出ます。

このときに男性ホルモンもいっしょに分泌されます。

すると皮脂腺が刺激されて、皮脂が多く分泌され、毛穴が詰まりやすくなります。

また女性が生理前にニキビができやすいのは、女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が多くなり、皮脂分泌が活発になるためです。

生理前のニキビは体のリズムによるものです。

自然に治るまで悪化させないよう気をつけましょう。

さらに、髪が顔にかかっていたり、枕や布団の顔に触れる部分が汚れていると、ニキビの原因になるので気をつけて。

大人ニキビの原因と対策~体調管理と漢方がカギ?~

大人ニキビは体の中に原因が。uv対策に最小限のメイクは必要です

大人ニキビには、思春期にできるニキビとは違う特徴があります。

まず、皮脂が多いTゾーンではなく、あごのあたりにできやすいこと。

そして、睡眠不足や生活リズムの乱れ、ストレスなどによって悪化しやすいことです。

ニキビができるきっかけは、毛穴出口の角一質が厚くなり、毛穴がふさがれること。

出口がなくなった毛穴には、皮脂がたまります。

すると、皮膚の常在菌であるアクネ菌が皮脂をエサにして増殖し、毛穴に炎症が起こるのです。

ストレスや睡眠不足などによるホルモンバランスの乱れや免疫力の低下は、角質肥厚やアクネ菌の過剰な増殖を引き起こすきっかけになるといわれています。

ニキビ対策は体調管理&スキンケアで

大人ニキビを予防・改善するために必要なのは、まず、生活習慣を見直して体調を整えること。

そして、肌の状態に合わせたスキンケアを心がけることです。

スキンケアの基本は洗顔と保湿ですが、紫外線対策をおこたらないことも大切です。

紫外線によるダメージは肌にどんどん蓄積されていくので、ニキビができているときでも、紫外線から肌を守るケアは欠かせません。

紫外線を浴びると、ニキビあとがシミのように残ることもあるので、注意が必要です。

大人のニキビの特徴

1.睡眠不足やストレスで悪化する

睡眠不足、ストレス、運動不足などによるホルモンバランスの乱れや、免疫力の低下、食事の偏りなどがニキビの原因に。

2.あごにできやすく治りにくい

皮脂が多いTゾーンより、乾燥しがちなあごなどにできやすい。

いったんできたニキビは治りにくく、あとが残ることも多い。

油分はすべてアクネ菌の栄養に。油分ではなく水分を増やすケアを

肌の乾燥が進むと角質がかたくなり、ニキビのきっかけとなる毛穴づまりを引き起こすことがあります。

そのため、ニキビの予防・改善には、肌のうるおいを守ることも大切です。

乾燥した肌に補いたいのは、肌の中に水分をキープする力のある成分。

反対に避けたいのは、ニキビの悪化につながる油分です。

油分は、そのほとんどがアクネ菌の栄養になるため、ニキビができているときは肌につけないようにします。

乾燥対策としては、油分の多いクリームより、セラミドなどの保混成分が入った美容液がおすすめです。

紫外線対策はニキビの時でも必要!

また、ニキビができているときも紫外線対策は必要です。

ただし、日やけ止めは肌への刺激が強いので、パウダーファンデーションを利用するとよいでしょう。

化粧下地は使わず、美容液などでしっかり保湿したあと、油分が少ないパウダーファンデーションまたはルースパウダーだけをつけます。

SPFなどの表示がされていなくても、パウダー類には紫外線をはね返す働きがあるので、日常の紫外線対策はこれだけで十分。

ニキビの赤みが気になる部分にコンシーラーをつけるのはOKです。

漢方薬で体全体のバランスを整える

多くの場合、大人ニキビにはホルモンバランスや免疫といった体内バランスの乱れが関係しており、それを整えるのに漢方薬はとても有効です。

長引くニキビには、漢方薬を試してみるとよいでしょう。

漢方を扱う皮膚科は少ないですが、皮膚科以外(内科や婦人科など)でも、漢方を専門的に扱う病院であればニキビの相談も受けてくれるところが多いようなので、問い合わせてみるとよいでしょう。

副作用が少ないことと、服用をやめてもニキビが再発しにくい点が漢方薬のメリットです。

毛穴の汚れや開きの対処法!注意点とおすすめ

汚れを除去しても毛穴のサイズは変わらない。毛穴のタイプ別ケア

目立つ毛穴のうち、「たるみ毛穴」はほおに多く、毛穴が縦に延びているのが特徴。

肌の老化によって毛穴の広がりも進むので、早め早めのケアが大切です。

おすすめのケアは、ピーリングやレチノール入りの化粧品でターンオーバーを活発にし、コラーゲンをふやすこと。

レチノールは刺激が強いため使い始めは肌がカサつくこともありますが、使い続けるうちに落ち着いてきます。

「角後づまり」は、鼻とその周りによくできます。

ケアのポイントは、毎日の洗顔で皮脂と角質をとり除くことです。

余分な油分を含まず、さっぱり洗える洗顔料で、朝晩、きちんと洗顔を。

それでも毛穴がザラついているような場合は、酵素を配合した洗顔料を使ってみるのも有効です。

また、週に1~2回のピーリングも習慣に。

酵素洗顔やピーリングには、余分な角質をとり除き、肌をやわらかくして毛穴を目立たなくする効果があります。

はがすタイプの毛穴パックも角栓をとり除くのに役立ちますが、はがす刺激で毛穴が広がってしまうことがあるので、月2回ぐらいにとどめましょう。

消しゴムかすのようにこすって落とすゴマージュは、刺激が強いので注意が必要です。

角栓づまり=余分な皮脂と角質をとり除く

1.洗顔をていねいに

先顔石けんなど、さっぱり洗える洗顔料を使う。

皮脂は寝ている間も分泌されているので、夜だけでなく、朝も必ず使って洗顔を

2.ピーリング

週に1~2回のピーリングや酸素入りの洗顔料で、[角栓」の原因となる肌表面の古い角質をとり除き、毛穴の周りの肌をやわらかくする。

3.酵素洗顔

タンパク質を分解する酵素が配合された洗顔料は、角栓の予防に効果的。

肌が弱い人は、週1~2回程度までにしておく。

たるみ毛穴=コラーゲンをふやして肌のハリをアップ!

1.レチノール配合の化粧品

レチノールは、シワ予防のためのアイクリームなどに配合されていることが多し。

たるみ毛穴対策として、ほおなどに塗っても有効。

2.ピーリング

ターンオーバーが活発になり、コラーゲンアップにつながる。

ふきとるタイプやこするタイプは刺激が強いので、洗い流すものがおすすめ

3.ビタミンC誘導体

ビタミンCは、コラーゲンをつくる際に欠かせない成分。

肌に浸透しやすいビタミンC誘導体は水溶性のため、化粧水に多く配合されている。